トップページ > 就業規則作成・見直し

就業規則作成・見直し

次に当てはまる方は早急に就業規則の見直しをお勧めします。


会社を守る就業規則

危険な就業規則とは?



会社で作成されている就業規則は、ほとんどが役所のモデル就業規則を基に、数字や会社名だけを自社用に変更しただけのものではないでしょうか?
これらの就業規則のほとんどは、会社を守るという視点よりも従業員の権利を守る視点で作られています。また、モデル就業規則は大企業向けに作成されていますので、そのまま中小企業に適用すると、実情に合わない高水準の規定になってしまします。
会社をも守るには、それぞれの会社の実情に合った就業規則を作成しなければならないのです。



就業規則は何のために作るか?



就業規則は労働基準監督署に怒られないために作るものではありません。
最近は会社と従業員とのトラブルが多くなっています。トラブルが発生した場合は、労働基準法と就業規則を基に判断されることになります。労働基準法は従業員を守る立場に立った法律であるので、就業規則が唯一会社を守ってくれるのです。



会社を守る就業規則を作成するには



会社を守る就業規則を作成するには、経営者が先頭に立って作成しなければなりません。人事担当者も従業員の1人です。会社を守る視点からは見ていません。また、モデル就業規則を参考にするのではなく、会社の実情に合ったものを作成することが重要といえます。





SITE MENU

会社設立サポート(創業応援パック)
決算申告サポート
税理士変更をお考えの方
セカンドオピニオンのご案内
就業規則の作成・見直し
労働基準監督署の是正勧告対応



枚方・交野・寝屋川|遺産相続遺言相談センター


枚方 交野 寝屋川 門真 守口 四條畷 大東 大阪市 税理士 確定申告 法人税 相続